気ままにゲームレビュー#2 〜激突!四大決戦!!〜

MJ以外は大体好きなサム・ライミ版のスパイダーマンシリーズ。そんなライミ版スパイダーマン映画の三作目をゲーム化したのがこれ。

f:id:metalgearlovepotter:20190117103806j:image

アクティビジョン発売、スパイダーマン3PS3初期に発売されたソフトで、自分が初めて遊んだPS3ソフト。テスト勉強ほっぽって、一日20時間ずっとやれるくらいには面白かった。

このゲームを、ゲーム性とストーリー性の2つに分けてレビューしようと思う。

 

〜ゲーム性〜

 

スパイダーマンシリーズは、映画が監督とキャストを変えてリブートされる度にゲームシリーズも新たに発売され直しているのだが、これはサム・ライミ監督版を元にして作られた最後のソフトになる。

f:id:metalgearlovepotter:20190117122045j:image

これがゲーム画面。アメイジングスパイダーマンや、marvelスパイダーマンと比べると、少し迫力に欠ける気がする。

それでも、やってみると充分楽しい。

基本は◻︎ボタンと△ボタンの組み合わせで格闘コンボを決めていくのだが、狙わずとも適当にポチッとけばいろんな技が出るのでストレスフリーに楽しめるし、ゲームを進めていくと出せる技が増えていくのでモチベーションも上がる。

f:id:metalgearlovepotter:20190120144407j:image

スパイダーマンにかかせない蜘蛛糸も、◯ボタンの押し加減でバリエーションが増えるので、ついついプシュッと出してしまう...というか使わないとキツい。

このゲーム、画面外から恐ろしく早い銃撃がバンバン飛んでくるので、ボケっとしてると直ぐに屠られるというシビア設計なのである。

だからこそ、蜘蛛糸で敵を引き寄せることが重要になるのだ。

更に戦闘システムで特筆すべきは、カウンター方法だろう。最近の洋ヒーローゲームは敵の攻撃に合わせてワンボタンが主流だが、今作は少し違う。

まずL1ボタンを押し続けるとリフレックスモードが発動する。このモード中はほぼ全ての攻撃をかわすことが出来、敵の格闘をかわしたタイミングで◻︎ボタンを押すことでカウンターが発動するという仕様だ。

f:id:metalgearlovepotter:20190117122137j:image

これがまた難しい。敵の攻撃は出が早く、攻撃を知らせるアイコンが出ても反応しきれないことが多い。かといって常に発動しっぱなしにしていると、発動に必要なゲージが尽きてボコられるという難しさ。ただ理不尽なほどではないため、ここはテクニカルな側面として受け入れられる。寧ろずっとポチポチするだけのゲームよりよほどスリルがある。

移動ももちろん楽しい。というか、これが楽しくないとスパイダーマンのゲームは速攻でGEOられるくらいには重要な要素である。

R2ボタンを押して蜘蛛糸を放ち、PS3のスペックを活かして表現されたニューヨークの朝日や万灯を浴びながら、縦横無尽に空を駆けめぐれる。これもゲームを進めればスピードが増したりトリックを決められたりと増えていくので、飽きが来ない。寧ろ飛び回ってるだけでも割と時間を潰せたりする。

f:id:metalgearlovepotter:20190117122200j:image

インターフェースもよく作られている。マップ画面ではプレイ可能なミッションのアイコンや街の治安レベルが表示され、L1画面で手軽に選択可能だ。

f:id:metalgearlovepotter:20190117123532j:image

ゲーム性については大体こんな感じ。後はやれば分かる。楽しいから。マジで。

 

〜ストーリー性〜

 

基本は映画『スパイダーマン3』をなぞったメインストーリーに、大量のサブストーリーを加えたうまい棒パーティパックみたいな内容。寧ろサブストーリーの方がメインと言ってもおかしくはない。

サブストーリーは3〜5のミッションで構成され、それぞれに原作でも名のあるヴィランが登場する。

アメイジングスパイダーマンで脚光を浴びた蜥蜴男リザード、賞金稼ぎのハンタークレイヴン、裏社会の帝王キングピンなど、次はどんな強い奴と相対するのかと、さながらリュウのような高揚感を得ることができる。

f:id:metalgearlovepotter:20190117124439j:image

リザード。ゲームならではのキャラグラになっている。

また、ゲームオリジナルの犯罪組織も登場し、こいつらを潰して街の治安を回復することもサブ要素の1つだ。

こいつらもまたキャラが濃い。北斗の拳に出てきそうなゴリマッチョ達の『アポカリプス』、ゴスロリメイドのクレイジーガールズ『アーセニック』、東洋の秘術を使う中国マフィアの『ドラゴンテイル』と、こいつらだけで充分だろと思うほどに手強い相手である。専用のバリかっけぇBGMまで用意されている始末なんだからもう素晴らしい。

f:id:metalgearlovepotter:20190120144603j:image

↑アポカリプスのボス。それぞれの組織にボスキャラが存在し、それぞれキャラが濃い。

まぁスパイダーマンのファンフィルムを沢山観れるって感覚で楽しめばいいと思う。ストーリー性はこんな感じ。後はやってください。面白いから。

 

〜まとめ〜

 

スパイダーマンは自分が映画を好きになるきっかけを作ったヒーローなので、思い入れは深いほうだと思う。そんな親愛なる隣人の活躍を体験できるゲームなので、PS3を持ってる人は是非やってほしい。

f:id:metalgearlovepotter:20190117125913j:image